トップページ

新着情報

2016年7月25日 ホームページを刷新しました。
 

キリスト教ミード社会舘は、
108年の歴史(1908年創立)
地域に根ざした総合福祉施設

初代舘長 1859~1941

理念と基本方針及び沿革

ミード社会舘ホームページにお越し頂きありがとうございます。

ミード社会舘は、原型であるバプテスト女子神学校学生の地域に向けた祈りと働きを原動力に創設されました。そして現在、以下のようなことに力を入れております。

新たな地域包括ケアを目指します

 バプテスト女子神学校の創設の精神を受け継いで、以来100有余年経たミード社会舘は、少子高齢化社会に対応できる新たな地域コミュニティ包括ケアを目指して地域福祉実践、人材養成、保育、調査研究の分野で社会福祉活動を行っています。

当施設では、通所介護(デイサービス)や訪問介護をはじめ、高齢者向け配食サービスや心理相談カウンセリング、発達障害の方へのサポート、保育園運営など幅広い福祉サービスをおこなっております。

キリスト教を母体とする福祉施設ですので、誰にでもあたたかく親切で丁寧な対応を心がけております。

大阪市淀川区を中心に、高齢者介護や福祉施設をお探しならお気軽にご相談ください。

施設のご案内(本舘)

施設のご案内(宮原センター)

ミード宮原居宅介護支援事業所

ミード社会舘の働き

理念と事業方針

複合的なニーズに応えて

当ミード社会舘は社会福祉の複合的なニーズにお応えいたします。介護技術を学べる専門学校、なかなか外出して昼食を買いに行けない高齢者のお昼のお弁当やお汁をお配りする高齢者配食サービス、地元に根付いた保育園、足の健康をケアするフットケア、介護について多角的に研修を行う各種講座・研修会、日常生活レベルを維持するためのポレポレ倶楽部など、複合的な現代のニーズに応えるサービスがあります。

地域密着型

地元で106年間、十三地域に密着して事業を展開してまいりました。十三、淀川地域周辺環境や地域の特性など、地元だからこそ把握していることを生かし、きめ細かいサービスを提供いたしております。

介護福祉の連携

例えば訪問介護を行うミードファミリーケア協会と通所介護を行うミードデイサービスセンター。小規模多機能型居宅介護のミード愛ホームやケアマネ業務を行う居宅介護支援事業所、さらには南部地域包括支援センターが舘内にあり、密接な連携をとっています。このためご利用者様やご家族が困った場合、横の連携でカバーしよりきめ細かいケアを行えます。

平成27年4月1日より加算の拡充がスタートします。
『介護職員処遇改善加算』のキャリアパス要件Ⅱ.Ⅲにミード社会舘の研修講座が該当します。
キャリアパス要件Ⅱ.Ⅲとは
①職員の資質向上のための計画に沿って、研修機会の提供または技術指導等を実施(OJT.OFF-JT等)するとともに介護職員の能力評価を行うこと。
②資格取得のための支援(研修受講のための勤務シフトの調整、休暇の付与、交通費や受講料等の費用援助)を実施すること。

    

障がい相談支援センターについて

アクセス

阪急十三駅から徒歩5分、JR塚本駅から徒歩15分